ビタミンの効果って何デス?

ビタミンの効果は、

  • いっぱいありすぎて書ききれません。
  • それぞれのビタミンの記事を参考にしてくだサイ><

デス!

ビタミンって何デス?

ビタミンってよく聞く言葉デスよね。

AとかBとかCとかEとか・・・。

そもそもビタミンってなんなのでしょう?

ビタミンは、体に必要な栄養素のうち、炭水化物・たんぱく質・脂質以外の有機化合物、だそうデスよ。

ちなみに、無機化合物はミネラルだそうです。

ミネラルもよく聞きマスよね。

ミネラルウォーターとか。

それにしても有機とか無機とかわかりづらいデスね。

厳密には炭素を含むか含まないか、だそうなのデスが、面倒なので、生きてるものが有機物、金属などの生きていないものが無機物、と理解しちゃいまショウ。

で、ビタミンは2種類に分かれるのです。

  • 水に溶けやすい水溶性ビタミン
  • 油に溶けやすい脂溶性ビタミン

それぞれの種類は・・・

水溶性ビタミン“]

脂溶性ビタミン“]

  • ビタミンA
  • ビタミンD
  • ビタミンE
  • ビタミンK

いっぱいありすぎデスね。

水に溶けやすいのがビタミンBとCで、それ以外は水に溶けにくく油に溶けやすい、と覚えておきまショウ。

そして、ビタミンの多くは体の中で作ることはできないのです。

そのため、食べ物やサプリメントで摂りこんであげる必要があるのデスね。

ビタミンに期待できる効果って何デス?

ビタミンの多くは、補酵素の材料になるのです。

なので、生きていくうえで欠かせない成分なのデスね。

ビタミンが大事!って言われているのはそれが原因デスね。

詳しい効果は、それぞれのビタミンの記事を参照してくだサイ。

ビタミンの注意点って何デス?

水溶性ビタミンは、摂りすぎても尿や汗で体内から排出されるので、あまり危険性はないそうなのです。

ただ、脂溶性ビタミンは体の中に蓄積されてしまうため、摂りすぎ注意なのです。

嘔吐やかゆみや下痢、めまいや骨粗しょう症などなど、怖い副作用がいっぱいありマスので、量に注意することが大事なのです。