健康診断でお腹周りウエストサイズの指摘!メタボが引き起こす影響を知ろう!

お腹がポッチャリしてきた、そんなときはまだ可愛いですね。
痩せている人でも、お腹だけぼってりしている人がいます。
その人は、胃下垂等によってそのようになっていることがあります。
しかし、ぼってりと明らかに太ってしまった場合は、そんな原因ではありません。
その一番の原因は、やっぱりお腹に脂肪がついているということなんです。
わかい時には、こんなことはなかったと思うことがあります。
それは確かなんです。
若い時には、体の代謝がいいので、そんなに食べても腹部がぼったりなることが少ないのです。
ところが、20代になると少し違ってきます。
そのまま10代と同じように食べていると、太ってしまうのです。
しかもお腹が太りやすいのです。
しかし、食欲はそのままありますね。
食べたい時なのです。
仕事をしているので、そのために誘われることも多くなります。
するとつい、食べ過ぎてしまうこともあります。
そうなると、毎日少しづつ確実にぼってりお腹になることが間違いありません。
ぼってりお腹になると、怖いことがたくさんあります。
それは美容面でもそうですが、健康面でとても怖いことがあります。
その事を理解することが、とても大事です。
今の飽食の時代は、年をとっている人だけがメタボではありません。
若い人だって、メタボの人がいます。
そのことについて、とてもリスクを感じてほしいのです。
その怖いリスクについて、ご紹介します。

・心臓疾患になる危険性がある
メタボになると、一番怖いこととして心臓疾患になる危険性があるということなんです。
これは、本当です。
その理由としては、メタボというのは血液中に脂肪などが多いということがわかります。
そしてその結果、その脂肪は血管の中に詰まってしまうことがあるのです。
そしてそれは若いうちに、そのようになっているとその危険性は、ますます高くなります。
血管の中の脂肪が詰まってしまうと、一番怖い病気として、心筋梗塞があります。
それはまさに心臓がフリーズする状態なのです。
いきなり心臓の大きな血管が詰まることにより、起きる状態なんです。
その状態になると、命の危険性があります。
また、寝たきりになる危険性も高まります。
そんな怖いことは、避けたいですね。

・脳疾患になる危険性がある
メタボになっていると、その後に脳疾患を引き起こす危険性があります。
脳疾患というと、脳の中にある血管が詰まってしまうという、とても恐ろしい疾患です。
その代表的な病気の一つとして、脳梗塞があります。
脳梗塞というのは、とても恐ろしい病気です。
それは、まず最悪の場合は、命の危険性があるということです。
また、その状態から命が大丈夫であったとしても、後遺症を残すことがあります。
後遺症で、足や手が自由に動かせない、言葉を話すことができない等、とてもつらい症状となるんです。
リハビリである程度、回復をさせることができますが、元の状態に戻ることがむつかしくなります。
そしてそれは、若いので大丈夫と思うことは危険です。
若い人でもなることがあります。
またその事をそのままにしていると、脳の血管が脂肪によって詰まりやすくなり、いつかは脳梗塞をおこす危険性があるのです。
そのため、早急になんとかするようにしましょう。
後悔をすることがないようにしたいですね。
脳梗塞を発症した人は、自分の生活習慣について、必ず後悔をしているのです。
早くなんとかしておけばよかったと、そんな後悔をしています。
そのため、若いうちに改善させることによって、その心配をなくすことができます。

・体臭が臭くなる
おじさんは体臭が臭うという人が多いです。
その理由として、年を取ることで加齢臭で臭いということがあります。
しかし、その理由の他にメタボになっていることによって、体臭が臭ってしまうということもあります。
それはメタボになる、食生活に関係しています。
食事の中で、脂肪が多い食事をしている、糖分を多く摂取している、そんな生活をしていると、体臭がひどくなります。
それは、若い女性であっても同じことが言えるのです。
もしも体臭が気になるという場合は、食事 内容を変えることが大事です。
私も、一時体臭が気になることがありました。
その時、26歳でそんなことはないと、自分で思っていたのです。
しかし、誰かに指摘をされたことがあったのです。
そのときは相当な、ショックを受けました。
すると、メタボの人は体臭がひどくなるということを知ったのです。
その時の私は確かに、メタボでした。
そして肉類、スイーツばかりを食べていたのです。
そのことから、体臭が解くなっていたと思ったのです。
その後は、野菜中心の生活をするようにしました。
とにかく、体臭をなんとかしたかったからです。
すると体臭が驚く程、なくなりました。
そのことは、家族に確認をしてもらったので、本当です。
そのようなこともあるので、ほかの人に迷惑をかけないためにも、メタボを改善するようにしたいですね。