サウナスーツでお腹周りを集中的に痩せるコツって?

サウナスーツでお腹を主体的に痩せるにはお腹周りへの負荷を強化すればよいと考えております。サウナスーツは、着ることで発汗作用を効率的に促すことを目的としております。そのため、全身に汗をかくこととなり、結果全身の新陳代謝を促し、全体的に痩せてしまうものです。しかし、さらにお腹周りへの負荷を追加することでサウナスーツプラスの効果がお腹周りの脂肪へかかり、結果お腹周りの脂肪を燃やすことができるものと考えます。ただし、サウナスーツは全身も痩せる効果を促すこととなるため、全身の痩せるのを防ぎ、お腹周りだけ痩せたいと考えているのであれば、サウナスーツを使用することはお勧めではありません。その場合はお腹周りのみサウナスーツと同様の効果を促すものを装着すべきと考えます。例えば、お腹周りにサランラップを巻くのも一つの方法です。サランラップをお腹周りに巻くことで、お腹周りでの発汗作用を促し、新陳代謝は良くなるものと思われます。その結果、お腹周りの脂肪は燃やされ、ウエストを小さくすることはできるはずです。つまり、これにより、全身を痩せることなく、自分の痩せたい場所、例えばお腹周りにのみ特化して痩せることができるということになります。一方、サウナスーツを着ることで全身を痩せつつ、お腹周りをさらに痩せたい場合には、お腹周りへの負荷を追加すればよいと考えます。例えば、サウナスーツを着る前にお腹周りにサランラップを巻き、その上からサウナスーツを着ることで、お腹周りへの負荷を増加する方法です。これにより、サウナスーツを着ている状態よりもさらにお腹周りには負荷がかかるため、さらなる発汗作用を促すことができるものと考えます。また、サランラップをまかずにサウナスーツをきてお腹周りへの負荷を増加させる方法は他にもあります。例えば、サウナスーツを着た状態で腹筋運動などをすることも一つの方法です。腹筋運動をすることでお腹周りの脂肪を燃やすことは可能です。そして、そのお腹周りの脂肪が燃えればウエストは小さくなるのですが、サウナスーツをきて腹筋を行えば、さらにその効果は向上するものと思われます。脂肪はある程度体温が上がらなければ燃えることはありません。そのため、通常の運動でも20分以上継続しないと脂肪は燃えないと言われております。しかし、サウナスーツを使用していることから通常よりも短い時間で体温は上昇し、脂肪は少しの運動でも燃えやすい状態になるものと思われます。そのことから考えますと、サウナスーツをきて腹筋運動した場合、発汗作用があることに加え、お腹周りの脂肪は簡単に燃えやすい状態とすることができ、短時間でお腹周りの脂肪への負荷を与えることができるものと考えます。これにより、お腹周りの脂肪を燃やし、他の場所と比べウエストをより小さくすることが可能になると考えます。また、サウナスーツを着た状態で運動をすることは難しいと考えている方には、さらに楽にお腹周りにのみ負荷を与えることができる方法があります。それは、腹筋を使うことを心がけることです。例えば、サウナスーツを着た状態で歩きながらしゃべることで腹筋を使用する方法です。人間は声を出す際、必ず腹筋を使用しております。腹筋を使用すれば、お腹周りの脂肪は燃えてくれます。そのため、サウナスーツを着た状態で立って声を出すようにすれば、腹筋運動をしなくても、楽にお腹周りの脂肪を燃やすことはできます。また、さらにサウナスーツを着た状態で、歩きながら声を出すことも十分な効果があると考えます。歩きながら声を出すだけでも、お腹への負荷は十分あり、そこにサウナスーツを着ていることから効果はさらに向上するものと思われます。私もよく、電話をしながら家の中を歩き回っているのですが、1時間しゃべることで体重はすぐに1,2kg落ちます。そして次の日、服を着た際ウエストが小さくなっていることを実感します。つまり、歩きながら声を出すことで、思った以上に人間はエネルギーを使用しているのです。そしてエネルギーを使用すると言うことはそれだけ体内の脂肪を燃やしていることになるのです。今回のようにサウナスーツをきて声を出すことで、自らお腹に意識を持てば、おのずとその部分の脂肪を燃やすことにつながるのです。もちろん、お腹に意識を持たずにしゃべることも可能です。しかし体調のことも考えると、サウナスーツを着ていられる時間は短時間しかないと考えるべきです。そしてその短時間をうまく活用するためにはお腹周りの脂肪を燃やすといった意識をもって声を出すことが一番重要であると考えます。意識を持つことでおのずと腹筋にも負荷をかけることができ、短時間でも大きな効果を促すことができるのです。つまり、サウナスーツを着た状態でお腹周りへの負荷を増加させることで、集中的にお腹周りを痩せさせることも可能だと言うことになります。ただし、サウナスーツを着ていることから、脱水症状とならないよう注意することも忘れてはいけません。