イソロイシンのダイエット効果って何デス?

イソロイシンのダイエット効果は、

  • 筋肉を作って基礎代謝アップ!

デス!

イソロイシンって何デス?

イソロイシンは、アミノ酸の一種です。

アミノ酸の中でも必須アミノ酸の一つなのです。

また、BCAAと呼ばれるアミノ酸の一つでもあるのです。

BCAAは、Branched Chain Amino Acidsの略でして、分岐鎖アミノ酸っていうのが正式名称で、

の3個のアミノ酸をあわせてBCAAって呼ぶのです。

イソロイシンの味は、「苦み」です。

苦い食べ物は苦手なんデスよね。コーヒーは好きなんデスけど。

イソロイシンはBCAAの中でも、筋肉の修復効果が高いって言われている子なんです。

バリンが修理屋さんで、イソロイシンは職人さんだったので、イソロイシンはバリンの仲間デスね。

また、バリンやロイシン同様にイソロイシンにも脂肪燃焼効果があると言われていましたが、残念なことに、科学的根拠はまだないようなのです。

ぜひとも頑張って、科学的に脂肪燃焼効果を証明してほしいデスね。

ちなみに、アミノ酸には、糖原性とケト原性という2種類の変化ルートがあります。

また、その両方にいける子もいるんデスね。

BCAAをそこに当てはめると、

  • 糖原性:バリン
  • ケト原性:ロイシン
  • 両方:イソロイシン

変化ルートについて、それぞれざっくりとお話すると、

  • 糖原性:グルコースになってエネルギーとして利用される
  • ケト原性:ケトン体になってエネルギーとして利用される
  • 両方:糖原性としてもケト原性としても利用される

つまりは、エネルギーになるんデスね。

エネルギーとして使われる場合の優先順位は、

  • グルコース > ケトン体

です。

難しい話になっちゃいましたが、簡単に言うと、

  • アミノ酸はエネルギーとしても使われる
  • エネルギーになるルートは3種類
  • バリンが♂、ロイシンが♀、イソロイシンはオカマちゃん

こんなイメージを持ってもらえれば良いかと思います。

ここまでをまとめると

  • イソロイシンは必須アミノ酸のひとつ
  • BCAAのひとつ
  • 筋肉の修復効果が高い
  • 糖原性、ケト原性のどちらのルートにもいける

イソロイシンのおもなはたらきは、筋肉を修復する、なのです。

イソロイシンが多く含まれている食べ物は?

イソロイシンが多く含まれている食品は、
(『文部科学省 日本食品標準成分表2010』より抜粋。100gあたりの含有量)

お魚“]

  • かつお節(3500mg)
  • 削り節(3400mg)
  • しろさけすじこ(1900mg)
  • しらす干し半乾燥品(1700mg)
  • すけとうだらたらこ生(1300mg)
  • くろまぐろ赤身、生(1200mg)
  • くろかじき生(1100mg)
  • はも生(1100mg)
  • きはだ生(1100mg)
  • うるめいわし生(1000mg)
  • かつお春獲り、生(1000mg)
  • かつお秋獲り、生(1000mg)
  • しろさけ生(1000mg)
  • まだい天然、生(1000mg)
  • とびうお生(1000mg)
  • ひらめ養殖、生(1000mg)
  • ぶり成魚生(1000mg)

お肉“]

  • ぶたゼラチン(1200mg)
  • にわとりむね皮なし、生(1200mg)
  • くじら肉、赤肉、生(1100mg)
  • しちめんちょう肉、皮なし、生(1100mg)
  • ほろほろちょう肉、皮なし、生(1100mg)
  • うさぎ肉、赤肉、生(1000mg)
  • ぶたロース赤肉、生(1000mg)
  • ぶたロース皮下脂肪なし、生(1000mg)
  • やぎ肉、赤肉、生(1000mg)
  • あひる肉、皮なし、生(1000mg)

その他“]

  • 小麦たんぱく粉末状(3000mg)
  • 焼きふ観世ふ(1200mg)
  • 小麦はいが(1100mg)
  • ほしのり(1600mg)
  • カゼイン(4900mg)
  • 脱脂粉乳(1800mg)
  • ナチュラルチーズ(1400mg)
  • プロセスチーズ(1200mg)

アミノ酸おなじみの食材が並んでいるのデスが、ほかのBCAAに比べると量が少ないデスね。

その分、必要量が少ないデスから、問題なさそうデスが、不足しないよう注意!デスね。

イソロイシンの推奨量と上限量デスが、アミノ酸については特に参考にできる文献がないのデス・・・。

なので、独自に調査した値を載せてます。

推奨量と上限量は、

  • 推奨量:体重1kgあたり20mg
  • 上限量:???mg

私の体重がxxxkgなので、推奨量は、

  • 推奨量:xxxkg x 26mg = 1,060mg

です。

イソロイシンをとる際の注意点

イソロイシンはBCAAの中では、もっとも必要量が少ない子です。

とはいえ、アミノ酸は20種のどれが欠けても、たんぱく質を作るのに影響が出マスので、しっかりととっていきたいデスね。

いろんな食品に含まれていマスので、基本的には不足することはなさそうです。

また、イソロイシンは、そこまで大きな副作用はないようです。

とはいえ、アミノ酸は、まだ研究中のようデスので、上限量の基準がないんデスよね。

サプリなどを使用してとる場合は、体重1kgあたり20mgを目安にしてとりたいデスね。

ちなみに、普通に食事でとる分には、とりすぎることはないようデスよ。

一覧にのっていなくて、イソロイシンが多く含まれる食品は、

  • しいたけ
  • パン
  • 麺類

などがあるようです。

イソロイシンに期待できる効果って何デス?

イソロイシンに期待できる効果は、

  • 筋肉を修復!
  • 疲労回復!

です。

筋肉修復!

筋肉を直す効果は、同じBCAAのバリンと同じなのです。

修理屋さんデスね。

運動をしていると、筋肉がドンドン壊れていきます。

それは、エネルギーを補給するために、筋肉を分解して、アミノ酸にしちゃうからなんデスね。

最初にもお話しましたが、アミノ酸を変化させることで、エネルギーのもとを作ることができるのです。

筋肉の中にいっぱいいるBCAAは、エネルギーが足りないと、ドンドン分解されてエネルギーに回されちゃうのです。

結果として、筋肉がドンドン減っていっちゃうんデスね。

筋肉つけようとして運動してるのに、筋肉がなくなっちゃうっていうのもすごく皮肉なお話なのデスけれど・・・。

でも、筋肉を壊させない方法があるのです。

あらかじめ、血液の中にBCAAをとりこんじゃうっていう方法デスね。

運動前に、サプリやドリンクでBCAAをとりこんでおけば、エネルギーが足りなくなったときに使われるのは、血液の中にあるBCAAなのです。

すなわち、筋肉を壊してアミノ酸を取り出す必要がなくなるわけデスね。

これによって、筋肉を守りつつ、効果的に運動ができるというわけなのデス!

なので、アスリートさんは、運動前、運動中、運動後に、それぞれBCAAを補給して、効率よく筋肉を鍛える、ということをやっているのだそうです。

さすがに、私のような一般人は、そこまでやる必要はないのデスが、運動前にBCAAをとっておくことで、ウォーキングやジョギングの効果は上げられそうデスね。

でも、こうやってBCAAを補給していても、やっぱり一部の筋肉は壊れちゃうのです。

その壊れた筋肉を修理するのが、イソロイシンさんの役目デスね。

バリンと一緒になって、えいやえいやと壊れた筋肉を修理するのです。

BCAAは筋肉にとって、とても大事なアミノ酸なのです。

疲労回復!

運動をしていると、

「は~疲れた~、もう無理ぃ~」

ってなりマスよね。

この、もう無理ぃ~っていう情報を発信しているのが、頭の中にあるセロトニンって子なんです。

セロトニンさんは、

  • 不眠解消
  • 鎮痛効果
  • 精神安定

という素晴らしい効果を持っているのデスが、運動中に精神安定しちゃうと困っちゃいマスよね。

結果として、もう無理ぃ~という情報も発信しちゃうわけなのです。

このセロトニンさんを作っているのは、トリプトファンっていうアミノ酸です。

ちなみに、トリプトファンと、いくつかのアミノ酸、そしてBCAAは、脳の中に入る入口が同じなのです。

優先順位としては、

となっています。

なので、BCAAをいっぱいとれば、トリプトファンが入ってこれなくなっちゃうんデスね。

それによって、セロトニンも作られなくなり、もう無理ぃ~、がなくなるのデスよ。

もう無理ぃ~になっていても、BCAAを補給することで、セロトニンが作られなくなりマスから、無理じゃなくなる=回復、となるわけデスね。

そのほかの効果としては、

  • 成長促進
  • 神経機能を正常に
  • 糖尿病を予防
  • 肝機能アップ
  • 食欲アップ

などがあるようです。

バリンやロイシンと同じように、食欲促進効果があるんデスね。

とはいえ、運動することが前提のようなアミノ酸デスから、多少食べても大丈夫なのです。

ドカ食いには注意、デスけどね。

イソロイシンの注意点って何デス?

イソロイシンは、普段の食事でとりすぎることはほとんどないのです。

なので、普通に生活している分には副作用を気にする必要はないのです。

サプリメントなどでも、大きな副作用は見つかっていないようでして、過剰摂取した場合の症状も特には報告されていないのです。

また、妊婦さんの場合も、食品からとる分には基本的に安全なようです。

ただ、サプリやお薬についてはまだよくわかっていないようデスので、少なくともサプリなどを使用するのは控えたほうが良いと思います。

逆に、イソロイシンが不足した場合なのデスが、

  • イライラ
  • 空腹感
  • 脱力感
  • 手足のふるえ
  • 動悸

などがあるようです。

ダイエットで、特に運動を意識しない場合は、BCAAは敬遠しがちなアミノ酸かもしれません。

でも、アミノ酸はどれが欠けてもたんぱく質を作るのに不都合が生じちゃいます。

なので、できる限りバランスの良い食事を心がけて、イソロイシンもとってあげるようにしましょう。