アントシアニンのダイエット効果って何デス?

アントシアニンのダイエット効果は、

  • ダイエット効果はありませんが目が良くなる!?

デス!

アントシアニンって何デス?

アントシアニンは、ポリフェノール一種であり、ポリフェノールの中でもフラボノイドに分類されるのです。

ポリフェノールといえばワインを思い浮かべますが、アントシアニンというと、ブルーベリーを思い浮かべますよね。

目が良くなる効果でいっとき話題になったのです。

アントシアニンは色鮮やかなことが特徴でして、昔から染料などに使われてきたのですよ。

現在でも、食品の着色料として利用されることが多いのです。

食品添加物っていうとどうしても悪いイメージがありますが、アントシアニンのように体に良い成分が使われていることも多いのですよ。

そんなアントシアニンですが、トクホ認定されているモノは1個もないのデス(´・ω・`)

機能性表示食品には1商品登録されていましたが、受理された後に申請を取り消すという異例の事態に!

なんでも、「1日摂取量あたりの含有成分量が間違っていた」んだそうです。

修正して申請しなおすそうですので、近いうちに機能性表示食品として販売されそうですね。

機能性表示食品のアントシアニン

2015年7月現在、アントシアニンで機能性表示食品として認定されているのは、0商品なのです。

でも、先ほどお話したとおり、一度受理されたのですが取り下げた商品が1個あるんですね。

近いうちに再登録されると思いますので、そちらをご紹介するのですよ。

  • 商品名:ビルベリー
  • 届出者:森下仁丹株式会社
  • 成分名:ビルベリー由来アントシアニン
  • 表示する機能:本品にはビルベリー由来アントシアニンが含まれます。ビルベリー由来アントシアニンには目のピント調節機能をサポートし、焦点を合わせやすくすることで、目の調子を整える機能があることが報告されています。

ビルベリーってなかなか聞かない言葉ですね。

別名、ヨーロッパベリーって呼ばれる子なのですが、育てるのがすごく難しいそうですよ。

なので、ヨーロッパ北部の野生のビルベリーから採取されるのがほとんどなんだそうです。

道理で日本ではなかなか聞かない名前ですね。

味わいは、ブルーベリーよりも深みがあるんだそうですよ。

見かけたら一度食べてみたいですね。

機能性表示食品の効果としては、目の調子を整える効果、のようです。

ビルベリーの機能性表示食品への登録内容を見てみますと、

  • 食経験の評価により、十分な安全性を確認している
  • 最終製品ではなく、機能性関与成分に関する研究レビューで、機能性を評価 している

となっています。

どちらも一番簡単な方法で認可されてますね。

安全性については、「2007年発売以来、20万個以上販売実績があり、有害報告は行われていない」となっています。

なんだか人体実験をされてたみたいで、ちょっともんやりしますね。

機能の確認については、「ほかの人が行ったアントシアニンの実験結果から効果があると思われる」となっています。

実際の製品を使って検証したわけではないんですね。

このことから考えると、「健康食品よりは効果ありそうですけども、そこまで効果は期待できないのかな??」という感じですね。

アントシアニンに期待できる効果って何デス?

機能性表示食品の効果については、今しがたお話したとおりなのです。

それ以外の効果として、ざっくりと期待できる効果を記載しマスと、

  • 視力回復効果
  • 動脈硬化を防ぐ効果
  • アンチエイジング効果
  • 炎症をおさえる
  • メタボを防ぐ
  • 花粉症を予防

などなどです。

ポリフェノールといえばアンチエイジング。

抗酸化作用はうれしい効果ですね。

活性酸素は美容だけでなく、病気の原因にもなりますので、アントシアニンをとって、体の中をきれいにお掃除するのです。

それによって、上に書いたような素敵な効果が実現・・・

のはずなのですが、あくまで理論上の効果で、ヒトでの有効性は認められていないようなのです。

ねずみさんや少人数の実験では効果が認められているモノもあるようなのですが、「効果あり!」ってい言い切れるほど実証は進んでいないようなのですね。

アントシアニンの注意点って何デス?

食事についてもサプリについても、安全性は十分に確認されていないようなのですよ。

なのでサプリを利用する場合は、最低限容量をきちんと守って利用したいですね。

目の調子が気になるな~と思ったなら、まずは機能性表示食品から試してみると良いと思いますよ。