β-アラニンのダイエット効果って何デス?

β-アラニンのダイエット効果は、

  • 筋力アップによる代謝アップ!

デス!

 

β-アラニンって何デス?

アミノ酸の一種らしいデスね。

アミノ酸というと、「燃焼系○○」でよく使われている成分デスね。

アミノ酸にも種類がいろいろあるようで、混乱していたのデスが、こうやって一つ一つ見ていくことで、少しずつ理解が深まります。

パントテン酸に含まれていたり、カルノシンの原料になる物質らしいデスよ。

ちなみに、年をとるとドンドン減っていっちゃうらしいです。

年齢を重ねたら、積極的に摂っていきたいデスね。

β-アラニンに期待できる効果って何デス?

この子は、ダイエットというよりも、スポーツ分野で注目されている子デスね。

どういう効果があるかというと、

  • 乳酸が作られるのをおさえる
  • 筋肉や神経の疲労をおさえる
  • 筋力アップに効果が期待できる

筋トレとかをすると、体がすっごく疲れマスよね。

その疲れをやわらげてくれる効果があるようなのです。

普段、腹筋5回すると疲れてできなくなっちゃうところ、10回できるようになるイメージなのかしら。

加えて、筋肉のアップにも効果が期待できるようなんデスね。

腹筋を100回しないと腹筋バキバキにならなかったところが、50回くらいでバキバキになるイメージデスかね。

で、気になるダイエット効果なのデスが、

  • 筋力アップによる基礎代謝アップ!

なのデスよ。

筋肉をつけると基礎代謝がアップして、寝ててもカロリーが消費される素晴らしい体に!

と思っていたのデスけど、世の中そんなに甘くないようです。

調べてみたところ、筋肉1kgつけることでアップする基礎代謝は、

  • 13kカロリー

らしいのです。

筋肉で脂肪を燃やすには?

脂肪を1kg燃焼させるのに必要なカロリーが7,000kカロリーと言われてマスから、1kg筋肉をつけたとして、脂肪を1kg燃やすのに必要な日数は・・・

  • 538日!

心が折れマスね・・・。

やはり、筋肉をつけるだけでは、基礎代謝はそれほど上がらないようデス・・・。

ともあれ、筋トレそのものにはダイエット効果がありマスので、悲観することはないんデスけどね。

β-アラニンは、単体での効果よりも、これを原料とする他の栄養素、パントテン酸カルノシンの効果に期待デスね。

β-アラニンの注意点って何デス?

副作用というほどのモノでもないのデスが、摂った時に、ビリビリすることがあるようです。

炭水化物と一緒に摂ると、ビリビリはなくなるようなので、なるべく空腹時を避けて摂るほうが良さそうデスね。

ちなみにビリビリとは、唇のあたりがピリピリするような感じだそうデスよ!