糖類って何デス?糖質と何が違うの??

糖類

最近なんだか、

「糖類ゼロ~!」とか

「糖質ゼロ~!」とか

聞くことが多いのデスよ。

そもそも糖類ってなんでしょ?

糖類って何デス?

糖類は単糖類二糖類の総称なのです。

でも、糖アルコールは除くのデスよ。

って書くと、なんだかわかりづらいデスね。

もうちょっと具体的にわかりやすくいくのデス~。

まず、単糖類デスね。

単糖類は、そのまんまです。

糖がひとりぼっちなんですね。

有名どころとしては、

単糖類

  • グルコース(ぶどう糖)
  • フルクトース(果糖)
  • ガラクトース(脳糖)

ぶどう糖は有名ですよね~。

体の中でエネルギーになってくれる子ですね。

果糖は、読んで字のごとく、果物に含まれている糖分なのです。ハチミツにも含まれているんですよ。

果物が甘いのは果糖のおかげなのです。

脳糖さんは、一人が嫌いな子なので、誰かとくっつくことが多いんですね。

ぶどう糖とくっついて乳糖っていう子になって、母乳などに含まれていることが多いようですよ。

では、次に二糖類ですね。

二糖類は、これまたそのまんまなのですが、単糖が2個合体したものなんですね。

有名どころとしては、

二糖類

  • スクロース(ショ糖)
  • ラクトース(乳糖)
  • マルトース(麦芽糖)

スクロースはショ糖です。砂糖と似てますね。

確かに、砂糖の主成分なのですが、砂糖ではないのです。残念。

ラクトースは先ほどお話した、脳糖とぶどう糖がくっついてできた二糖デスね。

母乳のほかには、牛乳やスイカなんかにも含まれているんです。

砂糖の0.4倍の甘さって言われてます。

牛乳がそこまで甘くないのもうなずけますね。

最後に麦芽糖ですが、有名なのはなんといってもビール。

あとは屋台で出ている水飴や、アイスクリームなんかに使われていたりもするんですよ。

で、残るは糖類に含まれない糖アルコールですね~。

どういうものがあるかというと、

糖アルコール

  • キシリトール
  • マルチトール
  • グリセリン

などなどです。

キシリトールは有名ですよね。

ガムなんかによく入ってます。

マルチトールは麦芽糖から作られるのです。

グリセリンはお薬などでよく聞きますよね。ニトログリセリンとか。

こういったモノが糖アルコールなのです。

そして、糖アルコールは糖類には含まれないんデスよ。

糖類と糖質の違いって何??

糖類は糖質に含まれて、糖質は炭水化物に含まれるのです。

図にすると・・・

この赤いところが糖類なのです。

で、糖類を含む紫のところが糖質なのデスよ。

なので、

「糖類ゼロ~!」より

「糖質ゼロ~!」のほうが、

含んでいない成分が多いんですね。

糖質ゼロですと、ほぼほぼ食物繊維でできてるってことですから、かなり体には良いことがわかります。

糖質ゼロのビール、あまり口に合わないですけども・・・。

どれくらいとっても良いものなの?

世界保健機構(WHO)っていうえらいところが定めた基準によると、

「糖類は一日にとるカロリーの10%未満におさえるべき」

らしいです。

これによって、肥満や虫歯がおさえられるらしいんですね。

でも、2015年3月に、さらに基準を厳しくしまして、

「糖類は一日にとるカロリーの5%未満におさえるべき」

って言い出しちゃったのです。

一般的な大人だと、お砂糖を小さじ6杯程度におさえなさい、っていうくらいの量らしいですね。

私の場合は、コーヒーはブラックで飲みますから問題ないとして、問題になりそうなのはビールですかね・・・(´・ω・`)

糖質ゼロは飲んだ気がしませんし、でもダイエットもしなきゃですし・・・。

この際、禁酒してみますか!

以上、糖類と糖質の違いについて、でした。

コメントは受け付けていません。