セレンのダイエット効果って何デス?

セレン

セレンのダイエット効果は、

  • ダイエット効果はないデスがアンチエイジング効果!

デス!

セレンって何デス?

セレンは、ミネラルの一種なのです。

ミネラルの中でも必須ミネラルの一つなのです。

体の中にだいたい1kgあたり200μgくらいあると言われてます。

μはマイクロデスね。100万分の1gです。小さいデスね~。

私の体重がxxxkgなので、体の中にあるセレンは・・・

  • セレンの量:xxxkg x 200μg = 10,600μg 10.6mg

少ないデスね~。

ちなみに、セレンの名前の由来は、

ギリシャ神話の月の女神セレネ (selene)だそうデスよ。

女神って聞くと、すごくロマンチックな気持ちになりマスね。

ここまでをまとめると

  • セレンは必須ミネラルのひとつ
  • 体の中に1kgあたり250μgほど存在
  • 名前の由来が月の女神

セレンのおもなはたらきは、活性酸素をやっつける、なのです。

セレンが多く含まれている食べ物は?

セレンが多く含まれている食品は、
(『文部科学省 日本食品標準成分表2010』より抜粋。100gあたりの含有量)

お魚

  • かつお節(320μg)
  • あんこうきも、生(200μg)
  • すけとうだらたらこ生(130μg)
  • まがれい生(110μg)
  • くろまぐろ赤身、生(110μg)
  • かつお秋獲り、生(100μg)
  • ずわいがに生(97μg)
  • まあじ焼き(77μg)
  • 生あまだい(75μg)
  • きはだ生(74μg)
  • びんなが生(71μg)
  • めばち生(67μg)
  • 養殖、水煮かき(67μg)
  • まさば生(64μg)
  • まあじ水煮(63μg)
  • まさば水煮(63μg)
  • 生ぶり(57μg)
  • めかじき生(56μg)
  • まかじき生(55μg)
  • まいわし生(54μg)
  • まあじ開き干し、生(50μg)
  • うなぎ養殖、生(50μg)

調味料

  • からし粉(290μg)
  • からし粒入りマスタード(87μg)
  • 顆粒風味調味料(74μg)
  • からし練りマスタード(70μg)

お肉

  • ぶたじん臓生(240μg)
  • うしじん臓生(210μg)
  • ぶた肝臓生(67μg)
  • にわとり肝臓生(60μg)
  • うし肝臓生(50μg)

その他

  • マカロニ・スパゲッティ(62μg)
  • こむぎ輸入(54μg)
  • 卵黄生(56μg)
  • 卵黄ゆで(52μg)

 

お魚が多いデスね~。

珍しくココアがいないんデスね。

ミネラルといえばココア、っていう認識だったのデスが、くつがえされました。

セレンの推奨量と上限量、あと、実際に20代女性がとっている量を見てみると、
(2015年版の日本人の食事摂取基準より、ただし摂取量については文献ナシ)

  • 推奨量:25μg
  • 摂取量:100μg
  • 上限量:330μg

となってます。

ミネラルには珍しく、ちゃんととれてるんデスね。

ちなみに、他の成分で参照している『厚生労働省の平成24年 国民健康・栄養調査』には、セレンの摂取量はのっていなかったのです。

そのため、ネットで調べて、だいたいこのくらいとってるであろう、という値を記載しています。

セレンをとる際の注意点

セレンはそこそこ吸収しやすい子です。

普通の食べ物から吸収しようとすると、吸収率は50%以上だそうデスよ。

ちなみに、セレンをとれるかどうかは、住んでいる土地の土壌と関係しているそうです。

日本の土壌はセレンを含んでマスので、お野菜などにもセレンが含まれるのです。

そのため、セレン不足になりにくいんデスね。

一覧に書いてなくて、セレンが多く含まれている食品としては、

  • わかさぎ
  • うに
  • ねぎ
  • パン
  • お米
  • アーモンド

などがあるようデスよ。

セレンに期待できる効果って何デス?

セレンに期待できる効果は、

  • アンチエイジング効果
  • がんの予防

です。

アンチエイジング効果

セレンは活性酸素とたたかう酵素のモトになる子なのです。

ビタミンEと一緒になって戦って、老化を防ぐのデスよ。

そして、ビタミンCが倒れたら、復活してあげたりもするのです。

なんだかRPGみたいデスね。

勇者セレンとゆかいな仲間たち。

傷ついた仲間がいたら、勇者が助ける!

ビタミンEとビタミンCが戦士みたいな感じデスね。

みんなで一丸になって、魔王活性酸素を倒すのデス~。

がんの予防

セレンはがんの予防に効果があると言われています。

また、まだまだ研究中のようデスが、発生したがんをおさえるのにも役立つと言われているんデスよ。

がんといえば、転移が怖いのデスが、転移や増殖を防ぐ効果なんかも期待されているのです。

そのほかの効果としては、

  • 新陳代謝をうながす
  • 大気汚染から体を守る
  • 更年期障害を改善する

などなどがあるようです。

もともとは有害な物質として知られていて、体に必要だってわかったのが最近なので、研究中のモノが多いようなのです。

今後の展開に期待!デスね。

セレンの注意点って何デス?

セレンは、ミネラルの中では毒性が高い子デス

なので、副作用に要注意なのです。

とはいえ、普通に食事をしている分には、とりすぎることはないようなのです。

ただ、サプリメントなどを使用した場合、副作用が起こる可能性があります。

過剰摂取した場合の症状には、

  • 爪の変形
  • 脱毛
  • 胃腸障害
  • 吐き気
  • 腹痛
  • 下痢
  • 疲労感
  • 焦燥感
  • 末梢神経障害
  • 皮膚障害

などがあるようなのです。

怖いですね~。

サプリメントなどでとる場合は、上限値の330mgをきちんと守るようにするのデス!

逆に、不足した場合なのデスが、

  • フケが出る
  • 脱毛
  • シミが増える
  • 筋力が低下する
  • 不整脈
  • 動脈硬化

などが起こっちゃうようです。

シミが増えるのは嫌デスね。

ダイエット中は、栄養が偏りがちデスので、気を付けてセレンもとるようにするのです。

ただし、毒性が強い子デスので、サプリメントなどでとる場合は、上限量をきちんと守るのデスよ!

コメントは受け付けていません。