楽天的なりんご型肥満にお勧めのダイエット

楽天的なりんご型肥満

りんご型肥満とか、洋ナシ型肥満という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

体脂肪の付き方によって外見を元ににつけられた名前ですが、これが意外とわかりやすいのです。

りんご型肥満と洋ナシ型肥満の違い

体脂肪には大きく分けて皮下脂肪と内臓脂肪があります。

つまめる脂肪が皮下脂肪なのですが、皮下脂肪が付きやすい太ももやお尻などに脂肪の多い肥満を、その外見から洋ナシ型肥満と呼びます。

女性は妊娠出産をするために、男性より皮下脂肪がつきやすいので、女性の多くは洋ナシ型肥満が多いのです。

その為、ダイエットやスタイルキープに関心の高い女性に多い洋ナシ型肥満の対策のためのダイエットプログラムは多いのですが、りんご型肥満対策のダイエットやスタイルキープに関する情報はやや少ないのが実情です。

りんご型肥満は、上半身から腹部にかけての内臓脂肪が多いのが特徴です。

お腹まわりの筋肉(腹筋)と内臓の間につく脂肪を内臓脂肪と呼びます。

過剰に蓄積すると生活習慣病や動脈硬化、脳卒中の原因ともなります。

女性よりは男性に多い肥満で、加齢と共に内臓脂肪は増加する傾向があります。

お尻や太ももなどの皮下脂肪は少なく、すらりとした手足の人が多いので、外見からは肥満とわからない人も多く、隠れ肥満とも呼ばれています。

そんな、皮下脂肪とは違って目で見てもすぐに肥満とはわかりづらい、リンゴ型肥満の内臓脂肪はどうやって落とせばよいのでしょうか。

りんご型肥満の内臓脂肪の特徴

リンゴ型肥満タイプは、全体的に丸みが出やすくぽっちゃり体型です。

その為、体の幅の薄いひょろっとしたタイプに憧れたりしまが、どんなに痩せてもひょろっとは難しいので、目指すべきはスポーツマンタイプの健康美です。

いわゆる内臓の丈夫な健康的な肥満なので、内臓の機能が発達していて消化が早いため比較的食べ過ぎる傾向にあります。

でも健康だし、少しくらいのぽっちゃりのほうがかえってモテたりするので、あまり深刻になららい人も多いと思います。

しかし、余分な脂肪が内臓脂肪として蓄積しやすいため腰まわりにくびれがなくなり、太るとまずウエスト周辺がキツくなります。

くびれのない女性がモテることはまずないので、そのあたりでやっとまずいかも、、、と思う楽天的な人が多いのもリンゴ型肥満の人に多い特徴です。

りんご型肥満のダイエット方法

そんなリンゴ型肥満タイプにお勧めのダイエット方法は?

食べる順番を工夫するのが1番です。

リンゴ型肥満タイプは、内臓が丈夫で食べることが好きなタイプが多いはずです。

そんなリンゴ型肥満タイプがいきなり3食をダイエットフードに置き換えても、失敗するのが目に見えています。

リンゴ型肥満タイプは、ご飯やパンなどの炭水化物が好きな人が多いのですが、体質的には糖質の代謝が苦手なため、糖質で太りやすいタイプです。

その為、 はじめに野菜や海藻類、暖かいお味噌汁やスープなどを食べて空腹感を落ち着けます。

旺盛な食欲をなだめて、ドカ食いを防ぎます。

そして次に、肉や魚などのタンパク質を多く含む主菜でお腹を見たします。1回の食事のタンパク質の適量は自分の握りこぶし程度といわれています。

人によって握りこぶしの大きさは変わるので、自分の適量を知るのに最適ではないかと思います。最後に主食の、ご飯やパン、麺類などを取ります。

最後の主食は口直し程度に、一口か二口程度が好ましい量です。日本人は主食と呼んで炭水化物を摂るのが習慣になっています。

主菜や副菜も主食の炭水化物に合うように味付けされていることがほとんどです。

その為、西洋のコース料理のように前菜、オードブル、主菜、といった食べ方には向いておらず、西洋料理のコースが苦手な方も多いと思います。

焼肉でも最初からご飯を頼んでお肉とごはんを一緒に食べたいと思うのも、日本人やお米が主食のアジア人がほとんどです。

和食のバランスは素晴らしいのですが、糖質で太りやすいリンゴ型肥満タイプは、食べる時に工夫が必要です。

育った環境で育まれた食事習慣を変えるのは難しいと思いますが、自分の体質に合った食事習慣を作るのも、大人には大切な所作なのかもしれません。

炭水化物の取りすぎに注意して、糖尿病や肝機能低下などの生活習慣病予防に努めるのは、一時のダイエットというよりは食生活の改善と継続が必要になります。

リンゴ型肥満タイプは楽天的な性格が災いして、ダイエットが長続きしない傾向があります。

その為、食生活を人生の一部と考えて抜本的な改革を図り、生活に組み込んでしまうのが良いでしょう。

また、リンゴ型肥満タイプは早食いの傾向が強く、そうするとついつい食べすぎてしまいがちです。

ゆっくりと食べるのが大切です。

しかし、ゆっくり食べようと思っても、美味しくて食べやすいとブレーキをかけるのは大変です。その為、あえて食事を少し食べづらくしてみるのが良いでしょう。

お肉よりはお魚にする、白米よりは玄米や雑穀米にして噛む回数を自然に増やすなどの工夫が簡単で取り入れやすいでしょう。

魚でも切り身よりは小骨を取って食べる必要のある1匹丸ごとの方がゆっくり食べられますし、焼肉よりは骨付きのスペアリブのほうが手が掛かります。

小さな改善を今日から始めてみましょう。

加えて、脂肪をつきづらくするサプリを利用するのも一つの手段ですよ。

葛の花のダイエット効果は本当?おすすめのサプリは?

    コメントは受け付けていません。