リピッド(脂質)のダイエット効果って何デス?

リピッド

脂質のダイエット効果は、

  • 便秘を治す!

デス!

脂質って何デス?

脂質は、炭水化物、たんぱく質とならぶ、三大栄養素のひとつなのです。

この3つの中では、もっともエネルギー効率が良い子です。

1gで9kカロリーもエネルギーを作ってくれるのデスよ。

脂質には、

  • 常温で液体の
  • 常温で個体の

があるのです。

なんとなくイメージできマスよね。

ほったらかしにしてても固まらない調理油と、

ほったかしにしてると固まっちゃうお肉とかの脂。

どっちにしても、洗い物するときは面倒なのデスけれど・・・。

これは、水に溶けにくいっていう脂肪の性質によるものなんデスね。

また、脂質は脂肪酸っていうの子が大部分をしめているのデスが、脂肪酸もざっくり2種類に分かれまして。

  • 飽和脂肪酸:お肉の脂によく含まれていて、固まりやすい性質をもっていマス
  • 不飽和脂肪酸:お魚や脂によく含まれていて、体の中で作ることのできない必須脂肪酸はコチラに入ります。
    必須脂肪酸には、有名なDHAなんかがあるのです。

ここまでをまとめると

  • 脂質は3大栄養素のひとつ
  • 脂質は油と脂の2種類に分かれる
  • 脂質は水に溶けにくい
  • 脂質をつくる脂肪酸は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれる

脂質のおもな働きはエネルギーを作ったり、貯めこまれたりなのです。

この子がよく含まれている食品としては、

  • 油脂
     ラード
     マヨネーズ
     バター
     マーガリン
     チーズ
  • 植物油
     ごま油
     大豆油
     コーン油
     オリーブ油
  • お肉
     霜降り肉
     牛バラ肉
     豚バラ肉
     ロース
     ひき肉

     サーロイン
     ベーコン
  • お魚
     さば
     さんま
     ぶり
     まぐろ
     トロ
     フォアグラ
     あんこうのきも
  • 卵黄
  • その他
     マカダミアンナッツ
     くるみ
     さらみ
     ソーセージ
     生クリーム
     ピスタチオ

見るからに脂っこいモノが並んでいマスね。

脂質はとりすぎると中性脂肪として、体にドンドンたまっていっちゃうため、できる限りおさえたいところなのデスが・・・、

じゃあ、適正な量ってどのくらいなんでしょう。

脂質の適正量は、1日にとるエネルギーの20~25%くらいが理想らしいです。

人によって消費カロリーは変わってくると思いマスが、ざっと計算した私が消費しているカロリーである1,800kカロリーで計算してみマスね。

脂質の消費カロリー量 = 1,800kカロリー x 25% = 450kカロリー

脂質の適正量 = 450kカロリー / 9kカロリー = 50g

というわけで、私が一日にとって良い脂質の目安は50gということになりました!

これからは、50gを目安にして、油の使い方などを考えてみるのデス!

 

ちなみに、日本人全体でみると、平均脂質割合は25%程度と、ちょうどいい感じらしいデスよ。

ただ、30%を超えている女性が3割程度もいるらしいのデス!

5%の違いとはいえ、その量が脂肪になっていくと、長い目で見ると大変なことになります。

ちょうど今の私のように(泣)。

ちょうどいい機会デスので、ご自身がとってもいい脂質の量を計算してみると良いのです。

脂質に期待できる効果って何デス?

脂質は食べると太るっていうイメージがあるのデスが、実はいろんな効果があるのデスよ。

脂質に期待できる効果は、

  • エネルギーを作ったり便秘に効果
  • 冷えから体を守る
  • ビタミン吸収をお助け

です。

エネルギーを作ったり便秘に効果も

最初に書きましたが、脂質は効率よくエネルギーを作ってくれる子なのです。

人間は、何もしていなくてもエネルギーを消費しちゃいマス(基礎代謝)ので、じゃんじゃんエネルギーを作ってくれる脂質は、とても大事な子なんデスね。

ただ、逆に言うと、脂質を減らすには、それだけエネルギーが必要、ってことでして。

脂肪を1kg落とすのに7,000kカロリー必要だと言われていマスが、それは、それだけエネルギー効率が良いからなんデスね。

エネルギーを作ってくれるのはうれしいデスが、脂肪を落とすためにはいっぱいエネルギーが必要・・・。

あっちを立てればこっちが立たない、といった感じです。

 

また、脂質は腸で分解されるときに、腸を刺激してくれる効果があるのです。

「オイ、そろそろ出したほうがいいんじゃない?」

っていう感じでチョンチョンと刺激してくれるんデスね。

そのおかげで、便秘にならず、毎朝すっきり~が実現するのです。

便秘になると、どうしてもお肌に影響が出ちゃいます。

それを防いでくれるのはありがたい効果デスね。

冷えから体を守る

体の中の脂肪は、熱が外に逃げるのを防いでくれマス

太ってる人が暖かそうに見えるのは、そのためなんデスね。

体が冷えてしまうと、血流が悪くなり、むくみや代謝が落ちる原因になっちゃいます。

とはいえ、脂肪はなかなか、ついてほしいところにはつかなくて、つかなくていいところについちゃうもの・・・。

つかなくていいところについてる脂肪も、体温調節に頑張ってくれているんだな~って思うと、少しは気が楽になるのです。

とはいえ、お腹の脂肪は容赦なく削りにいきますけどネ!

ビタミン吸収をお助け

ビタミンには、水溶性と脂溶性といって、水に溶けやすい子と、油に溶けやすい子がいるのです。

脂溶性ビタミンの代表格が、

です。

それぞれ大事な働きをもってる子たちなんです。

で、脂溶性デスので、脂に溶けるのです。

つまり、脂質とくっつきやすいんデスね。

脂質が脂溶性ビタミンの吸収やはたらきを助けてあげることで、ビタミンさんは、のびのびと働くことができるのデスよ。

脂質の注意点って何デス?

とりすぎた場合は、特に害はないようなのデスが、なんといっても、

太っちゃいマスよね!

これは副作用より恐ろしいことです。

なので、自分にあった摂取量を、きちんと守ってとる必要があるのデスよ。

逆に、脂質が不足すると、

  • ホルモンバランスがくずれる
  • 便秘
  • 肌荒れ
  • 発育障害
  • 皮膚炎
  • やせ細った感じに

などなど、嫌な効果のオンパレードなのデスよ。

よく、ダイエットをして、やつれたような感じになってる子、いマスよね。

その子たちは、脂質をとっていないのかもしれないです。

どうせダイエットをするなら、キレイにやせたいモノです。

なので、脂質とは、うまく付き合っていきたいデスね。

 

コメントは受け付けていません。