内臓脂肪と皮下脂肪の違い!減らすにはどうすればいいのデス?

内臓脂肪と皮下脂肪の違い!

内臓脂肪とか皮下脂肪とかよく聞きますよね。これだけを聞くと、「内臓についてるのが内臓脂肪で、腕とか脚とかについてるのが皮下脂肪?」なんてことをイメージするのですが、実際のところどうなんでしょ??

そして、それぞれの脂肪について落とし方は変わってくるのデスかね??

内臓脂肪と皮下脂肪の違いをきちんと理解すると、効果的なダイエットをすることができるかもですね。早速見ていきましょ~。

内臓脂肪と皮下脂肪の違い

では、内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて見ていきましょ~。

内臓脂肪は内臓全般につくわけではなくて、おもにお腹にくっつく脂肪なんですね。で、それ以外の脂肪は皮下脂肪なのです。

そして、

  • 内臓脂肪はつきやすく取れやすい
  • 皮下脂肪はつきにくく取れにくい

っていう性質を持っているのです。

ご飯を食べて余ったぶどう糖が脂肪になっちゃうわけですが、まず最初に内臓脂肪にたくわえられるんですね。そこでも余ったぶどう糖が皮下脂肪に回されるのデスよ。

そして、体の中がエネルギー不足になったときは、まず内臓脂肪が分解されマス。そのあとで皮下脂肪を分解していくわけですね。

内臓脂肪と皮下脂肪の違いは、よくお金に例えられますね。

  • 内臓脂肪は普通預金。預けやすく出しやすい
  • 皮下脂肪は定期預金。一度預けるとなかなか引き出せない

といったイメージなのです。

では、内臓脂肪と皮下脂肪に見分け方ってあるのでしょうか??

内臓脂肪と皮下脂肪の見分け方

内臓脂肪はおもにお腹につくっていうお話をしました。

でも、お腹には皮下脂肪もついていることが多いのです。では、2つの脂肪を見分ける方法ってあるのでしょうか??

もっとも簡単なのが、「ひっぱる」デスね(笑)。

内臓脂肪はお腹の奥の方にありますから引っ張ることはできないんですね。対して皮下脂肪は皮膚の下についてますから引っ張ることができるわけなのです。

お腹のお肉をつまんでみて、皮だけしかつまめないのにお腹が出ている場合は内臓脂肪がたまっている証拠ですね。逆にお肉ががっつりつかめて、お肉を引っ張ったらお腹のでっぱりが消えるようなら、皮下脂肪がついてる、ってことになります。

女性の場合は皮下脂肪がつきやすく内臓脂肪がつきにくいって言われてます。

逆に男性は内臓脂肪がつきやすく皮下脂肪がつきにくいって言われれてるんですね。

とれにくい皮下脂肪がつきやすいなんてあんまり・・・なんて思ってしまいがちですが、実は内臓脂肪のほうが健康的にダメージが大きいんです。それは後でお話するメタボリックシンドロームと関係してきますが、ここでは一旦置いておきますね。

ともあれ、ここではまず、ご自身に内臓脂肪が多いのか皮下脂肪が多いのかを確認して頂ければ良いかと思います。

え?私ですか?

内臓脂肪のほうが多かったんですよ・・・。お酒飲みすぎかもしれませんね・・・。自重します。

では、内臓脂肪についてもう少し詳しく見ていきマスよ。

内臓脂肪がつく場所って?どこにつくの??

内臓脂肪がお腹につくっていう話をしましたが、もう少し詳しく見てみましょう。

ちょっと難しい話をしますと、横隔膜から骨盤までの間には胃や腸、肝臓などがあります。それらは腹腔膜っていう膜でおおわれています。

腹腔膜の中で、大腸や小腸といった腸を支えている腸間膜っていう膜があるのですよ。主に、この腸間膜についた脂肪のことを内臓脂肪っていうんですね。

ほかには大網膜っていう胃からベローンって垂れ下がった膜があるのですが、そこについた脂肪も内臓脂肪って言います。

なんとなく腸や胃の近くについた脂肪を内臓脂肪って言うんだな、っていうイメージを持っていただければ良いかと思うのデスよ。

内臓脂肪がいっぱいついていても、皮下脂肪はさほどついていませんから全体的にはそこまで太っているように見えないのです。でも、お腹だけぽっこりと太っていますから、「りんご型肥満」なんて呼ばれ方もするのです。

では、次に内臓脂肪の平均値を見ていきたいところなのですが…

内臓脂肪の女性の平均ってどのくらい?

内臓脂肪の平均値ってどこにも載っていないのが現状です…。

というのも、正確な内臓脂肪量を測定するためにはCTスキャンが必要でして。CTスキャンをするには結構なお金がかかっちゃうんですよね。1万円以上とか…。また、放射線を利用しますので、気軽に受けられないというデメリットもあります。

そのため、厚生労働省がメタボリックシンドロームの基準値として定めているのは、

  • CTスキャンでおへその位置で輪切りにした場合の内臓脂肪面積が100cm2以上
  • ウエスト周囲系が男性85cm以上、女性90cm以上

としています。

「内臓脂肪を測定するためだけに1万円も出すくらいなら美味しいご飯食べるわ!」

っていう方が大半だと思いますので、まずはウエストを測って、基準値を超えているようならCTスキャンという流れの方が多いようですね。

女性でウエスト90cm越えたらメタボ予備軍なのよ!ってのはわかりました。では、ウエストでだいたいの内臓脂肪量がわかるのなら、ウエストの平均値ってどのくらいなのよ??っていう疑問がわくと思います。

下着メーカーで有名なワコールさんによりますと、

  • 20~24歳:63.8cm
  • 25~39歳:64.7cm

となっています。

以下の画像をクリックすると、ワコールさんの「バランス診断」サイトに飛ぶことができます。ご自身の身長・体重・スリーサイズと平均値を比較してくれますので便利デスよ。一度確認してみると良いかもしれません。

http://www.wacoal.jp/fitnavi/input.php

 

とはいえ、多くの女性が望んでいるのって平均値になりたーい!ではなくて、理想の体型になりたーい!なんですよね・・・私もそうですからよくわかりマス・・・。

ともあれ、少なくともウエストが平均以下でしたら、内臓脂肪も平均以上についているってことはないのかな、って思います。

皮下脂肪がつきやすい場所ってどこ??

これまでだーっと内臓脂肪について見てきました。ここからは、女性なら内臓脂肪よりも気になるであろう皮下脂肪について見ていきマスね。

まずは皮下脂肪がつきやすい場所ですね。

女性の場合、皮下脂肪はほぼ全身につくと言われています。中でも、

  • お腹周辺
  • 太もも
  • 二の腕
  • ほほや顎

につきやすいと言われているんですね。特にウエスト周りや太ももにかけて、脂肪がつきやすいと言われています。これは女性ホルモンが関係しているようです。

内臓脂肪が多い体型を「りんご型肥満」というのに対して、お腹から太ももにかけて皮下脂肪がいっぱいついちゃった状態を「洋ナシ型肥満」って言うようですね。絶対こんな呼ばれ方したくないですよね(哀)。

特にダイエットを繰り返し行っていると「洋ナシ型肥満」になりやすいようです。というのも、脂肪が落ちていくのはまず上半身からで、脂肪がつきやすいのが下半身だからなんですね。

リバウンドを繰り返しているうちに胸がなくなり下半身にどんどん脂肪が・・・。ちょっと考えたくないデスよね・・・。きちんとリバウンドしない方法を選ばないと悲惨な目に会う可能性が高い!ということはわかりました。

では、次に誤解されがちなむくみと皮下脂肪の違いについて見てみましょう~。

皮下脂肪とむくみの違いって??

皮下脂肪は脂肪ですね。

むくみの原因は水分ですね。リンパの詰まったところに水分が引き寄せられて、太って見えちゃうわけです。

皮下脂肪は脂肪ですから、脂肪を落とさないと改善されません。

むくみはリンパが詰まっていることが原因ですから、詰まりを解消してあげればむくみは解消されマス。リンパについての詳細は以下の記事に記載していますので、よろしければご参照くださいなのです。

 リンパの働き!気になるダイエット効果は?

体脂肪率と皮下脂肪率の違いって??

体脂肪率は体の中の脂肪が占める割合を示したモノです。

内臓脂肪や皮下脂肪、そして血中脂肪もひっくるめた値ですね。

皮下脂肪率は体の中の皮下脂肪が占める割合を示したモノになります。

年を取ると、内臓脂肪や血中脂肪が気になると思うんですけども、若い(アラサーで若いって言っちゃっていいのかしら・・・)うちは皮下脂肪がどのくらいあるの?の方が気になりますよね。

では、どうやって皮下脂肪率を測定すれば良いの?ってことなのですが、自宅で測定するには機械が必要になります。そうですね、

ヘルスメーターや体重計ですね。

こういった機械で体脂肪率を測るとき、体に電流を流しているんですね。脂肪や筋肉、そして水分といった体を構成するモノは、電気抵抗といって電気をどのくらい通しやすいかが違います。

なので電気を通してみて、その通りやすさで、これは筋肉、これは脂肪、といった具合に計測しているわけです。

ただ、メーカーによって、どのくらい電気を通すかが変わってきます。あるメーカーは体の表面しか通さない。それだと、内臓脂肪や血中脂肪は測ることができませんので、

  • 体脂肪率 = 皮下脂肪率

になります。

別のメーカーでは、体中に電気を通して、

  • 体脂肪率
  • 筋肉の量
  • 内臓脂肪率
  • 皮下脂肪率

まできっちりと計算してくれるモノもあります。この場合は、

  • 体脂肪量 = 血中脂肪量 + 内臓脂肪量 + 皮下脂肪量

ということになります。

体重計はダイエットのモチベーションを保つのにとても大事です。もしお持ちでないなら、私も利用している体重計をオススメするのですよ。

オススメは体重計の老舗、タニタさんの体組成計なのです。上の画像をクリックすると公式の通販ページに飛ぶことができます。この体組成計でわかるのは、

  • 体重
  • 体脂肪率
  • 皮下脂肪率
  • 基礎代謝量
  • 体内年齢
  • 美脚度

です。

基礎代謝量がわかれば、摂取していいカロリーがわかるので便利なのです。あとはあまり見たくないですけども体内年齢。実年齢よりも若いとうれしいですよね。

そしてなんといっても注目なのが美脚度

コレ、気になりますよね。私がこの体組成計を選んだのは美脚度目的だったのです。いまのところレベル3ですので、なにくそー!と日々歩き方をキレイにして美脚を目指しているのです。

ちなみに、この体組成計は、体脂肪率と皮下脂肪率を分けて考えるタイプですね。

皮下脂肪率しか表示されないと、「本当に脂肪減っているのかしら?」と不安になってしまいますが、体脂肪率も表示されますので、そこは安心なのです。

皮下脂肪率が減っていなくても体脂肪率が減少していれば「血中脂肪や内臓脂肪が燃えているんだな、もうひとふんばり!」って頑張るモチベーションになるのですよ。

タニタさんの体組成計は、筋肉量や骨格筋量などを測定するタイプもありますから、かなり細かく体の中を測定することができるのです。興味があれば、他の商品も見てみると良いと思いマスよ。

内臓脂肪と皮下脂肪がつく原因

脂肪がついちゃう原因ですね。

コレは内臓脂肪とか皮下脂肪とかあまり関係ないのですよ。ホルモンの関係で、男性には内臓脂肪がつきやすく、女性には皮下脂肪がつきやすいっていうだけのお話なんですね。

ちなみに女性でも40代を超えると女性ホルモンが少なくなってきますので、内臓脂肪がつきやすくなってくる、なんていうお話もあるようです。

なので、脂肪がついちゃう原因は簡単で、

  • 摂取カロリー > 消費カロリー

だからなんですよね・・・。

あとは血糖値ですね。あまったぶどう糖は脂肪で蓄えられてしまいマスから、食べ順を気にしたり血糖値が急激に上がらないようによく噛んで食べたり、という工夫も必要なのです。

女性の内臓脂肪と皮下脂肪の落とし方

次にどうやって落とすの??なのですが、これも特に変わらないのデスよ。

脂肪がついちゃう原因が、

  • 摂取カロリー > 消費カロリー

なので、落とすためには、

  • 摂取カロリー < 消費カロリー

にすればいいんですね。

摂取カロリーを減らすためには食事制限やバランスのとれた食事ですね。

消費カロリーを増やすためには、運動や姿勢を正しく、そして規則正しい生活、ですね。

「どうしても一週間後の合コンまでに痩せた~い!」という場合はファスティング(プチ断食)が有効だったりします。ファスティングは摂取カロリーを減らして脂肪を燃やしちゃいましょうね、っていう方法ですね。

ただ、ファスティングは正しく行わないとリバウンドの可能性が高いです。リバウンドを繰り返していると、先ほどお話したような恐怖の「洋ナシ型肥満」になってしまう可能性もあります。

正しい方法で行えば、余分なモノを体に入れないで毒素をドンドン排出していきますからデトックス効果も期待できます。

ただ、先にお話したように、ファスティングで燃えるのは内臓脂肪からです。

皮下脂肪がいっぱいついている場合は、長い目で見て落としていったほうが美容にも健康にも良いのです。

内臓脂肪と皮下脂肪の関係、そしてそれぞれの原因や落とし方について見てきました。ここからは美容とダイエット、というよりも病気のお話になります。

内臓脂肪とメタボリックシンドロームの関係

健康診断を受けると話題になるのがメタボリックシンドロームですね。

直訳すると、

  • 内臓脂肪症候群
  • 代謝異常症候群

です。

内臓脂肪がつき過ぎることが原因で、

  • 高血圧
  • 高血糖
  • 脂質代謝異常

が引き起こされ、これらが原因で動脈硬化が起こりやすくなるっていう恐ろしい話なのですよ。

え?動脈硬化ってそんな怖い病気なの??と思われるかもしれません。以下に日本人の死因を円グラフで表示してみます。(厚生労働省 平成25年人口動態統計月報年計(概数)の概況より)

TOPは悪性新生物(がん)ですね。

注目すべきは2位と3位でして、これらの多くは動脈硬化が原因で起こっていると言われています。動脈硬化は簡単に言うと血管がつまっちゃう病気なのですが、心臓や脳の血管がつまってしまって亡くなっちゃう方が多いわけですね。

これらを引き起こす可能性があるのがメタボなわけなのですよ。

おっかないですが、このサイトはダイエットのサイトですから病気の説明はほどほどに・・・(笑)。

簡単に、どうしてメタボから動脈硬化が発生するのか?だけをご説明しますね。

内臓脂肪は脂肪がたまりやすく燃えやすい、っていうお話を最初にしたと思います。

流れとしては、

  1. 内臓脂肪が肝臓に送られる
  2. 中性脂肪がVLDLに乗って血液中に放出される
  3. 中性脂肪をおろしたVLDLはLDL(悪玉コレステロール)に変化
  4. 栄養分をおろしたLDLはHDL(善玉コレステロール)に変化
  5. HDLはLDLを回収して肝臓に戻る

これが通常の流れなのですが、メタボの方の場合、

  1. 内臓脂肪が肝臓に送られる
  2. 中性脂肪がVLDLに乗って血液中に放出される
  3. 血液の中のVLDL、中性脂肪が多すぎる状態に⇒脂質代謝異常
  4. 中性脂肪をおろしたVLDLはLDL(悪玉コレステロール)に変化
  5. VLDLがいっぱいあるのでLDLも大量に作られる
  6. 栄養分をおろしたLDLはHDL(善玉コレステロール)に変化
  7. HDLはLDLを回収して肝臓に戻る
  8. LDLが多すぎて回収しきれない⇒脂質代謝異常
  9. 残ったLDLが活性酸素により酸化される
  10. 血管がつまっていく
  11. つまった血管で血液を流すために血圧が上昇⇒高血圧

という負の流れになってしまうわけです。怖いのは脂質代謝異常が起きていても本人は気付かないところなんですね。そのため、サイレントキラーなんて呼び方をされることもガクブル。

また、脂質代謝異常が起こるとインスリン抵抗性というモノが発生します。

血糖値が上がると、「ぶどう糖を細胞にとりこめ~」と指示するインスリンが分泌されるのですが、細胞側が「ぶどう糖いっぱいあるからいらないよ」って言っちゃうのですよ。これがインスリン抵抗性です。

そうなると、血糖値は上がりっぱなしで、仕方ないので尿から排出するしかなくなるんですね。

このため、糖尿病にもかかりやすくなってしまうのです。

血糖値が上がっていると、血液の中のぶどう糖が血管をバシバシ傷つけてしまいます。ただでさえ脂質代謝異常で弱っている血管が、さらに傷つけられちゃいますのでドンドン動脈硬化の危険性が高まっていっちゃうわけです。

これがメタボの怖いところなんですよ。

美容やダイエットも大事ですが、健康第一なのです。早期発見、早期解決のためにも1年に1回は定期健康診断を受けておきたいですね。

    コメントは受け付けていません。