栄養機能食品って何デス?その効果は??

政府

栄養機能食品って聞いたことありマス?

トクホに比べると知名度は低いデスよね。

でも、この子も使い方によっては、健康の強い味方になるのデスよ。

どういうものか、ざっくりとお話しすると、

「国のお墨付き成分を含む食品」

なのです。

栄養機能食品について

2001年から始まった制度なんデスよ。

結構、歴史がある制度デスね。

トクホにはわかりやすいマークがあったのデスが、栄養機能食品には、そういう目印はないのです。

食べ物の成分表示のところに「栄養機能食品」って書いてあれば、栄養機能食品なんデスね。

例えばこんな子デスね。

最近CMによく出ている「セノビック」です。

動画の左上のほうに、

「栄養機能食品:カルシウム、ビタミンD、鉄」

って書いてあったのわかりました??

これは、「セノビック」の

  • カルシウム
  • ビタミンD

が、国の定めた基準をクリアしてマスよ、っていう意味なんデスね。

ただ、トクホと違って、商品ごとに国に許可をもらっているわけではないので、トクホほどの効果は期待できないのです。

栄養機能食品がどんな位置づけなのか、ざっと図にするとこんな感じなのです。

 

 

国が、「この成分をこれくらいとれば、こういう効果が期待できる」って決めている成分を含んでいますので、効果にはそこそこ期待できるのです。

ではでは、どういう成分に、どういう効果が期待できるのかを見ていきましょう。

栄養機能食品に記載できる成分の種類と効果って?

栄養機能食品に表示できる成分は、

  • ビタミン:12種類
  • ミネラル:5種類
  • 合計:17種類

なのです。

日本人はミネラル不足だって言われてマスから、積極的にとっていきたいデスね。

で、気になるお国が認めた効果なのデスが、ざっくり表にまとめるとこんな感じなのです。
(クリックすると拡大しマス)

簡単に効果だけを抜粋すると、

栄養機能食品に含まれる成分の効果

  • 亜鉛:味覚や皮膚や粘膜を健康に
  • カルシウム:骨や歯を健康に
  • 鉄:赤血球を作る
  • 銅:赤血球を作ったり酵素の働きを助けたり
  • マグネシウム:骨や歯を作ったり酵素の働きを助けたり
  • ナイアシン(ビタミンB3):皮膚や粘膜を健康に
  • パントテン酸(ビタミンB5):皮膚や粘膜を健康に
  • ビオチン(ビタミンB7):皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンA:鳥目を防いだり皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンB1:炭水化物を代謝したり皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンB2:皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンB6:たんぱく質を代謝したり皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンB12:赤血球を作る
  • ビタミンC:抗酸化作用と皮膚や粘膜を健康に
  • ビタミンD:カルシウムの吸収を良くしたり骨を作るのを助けたり
  • ビタミンE:抗酸化作用
  • 葉酸(ビタミンB9):赤血球を作るのを助けたり赤ちゃんの発育を正常に

気になるのはやっぱり抗酸化作用デスね。

ビタミンCとビタミンEの抗酸化作用が気になるのです。

肌の酸化(サビ)を防いで、アンチエイジング

ただ、とりすぎても副作用が出る可能性がありマスので、上限値はきちんと守るようにしましょう。

ちなみに、2015年4月に作られた食品表示法で、ちょこっと修正入ってマス!

修正点は、

  • n-3脂肪酸を追加
  • ビタミンKを追加
  • カリウムを追加
  • 下限値を修正

です。

健康が気になる方は要チェックなのデス!

栄養機能食品の注意点

栄養機能食品は、一つでも該当する成分があれば名乗ることができるのです。

国にいちいち許可をえないといけないトクホに比べると、やっぱり弱いデスよね。

また、効果が期待できるのは、あくまで一部の成分だけ、ということも覚えておいてほしいのです。

10個くらい成分があるうちの、1個だけ栄養機能食品の成分基準をクリアしていても、栄養機能食品を名乗ることはできます。

なので、どういった成分が不足しているのか?どういった効果がほしいのか?をよく考えてから、それに合った食品を選ぶ必要があるのです。

そこさえ気を付けていれば、足りない成分を補給するにはうってつけの食品デスから、生活の中にうまく取り入れていきたいデスね。

コメントは受け付けていません。