デキストリンって何デス?その効果は??

デキストリン

デキストリンっていうと、難消化性デキストリンを思い浮かべる方が多いと思います。

なんといってもトクホ認定されてますから~。

しかも登録されている数が異常ですよね。

トクホ商品の約3分の1が難消化性デキストリンなのです。

なので、どうしても難消化性デキストリンに注目が行きがちなのですが、そもそもデキストリンって何でしょ?

デキストリンって何デス?

デキストリンはでんぷんを分解したモノなんですよ。

でんぷんを、酸や熱、酵素などなどを使って分解すると、その途中にデキストリンができるんですね。

で、分解の仕方によって、いろんなデキストリンができるんです。

その中のひとつが、難消化性デキストリンなのですよ。

実はこの分解ってヒトの体の中でも行われていまして。

でんぷんを食べると、口の中の酵素がでんぷんを分解するんですね。

そうするとデキストリンが出来るのデスよ。

で、デキストリンがぐるーっと体の中をめぐって、最終的にはマルトース(麦芽糖)っていう二糖になって体の中に吸収されるんですね。

ではでは、デキストリンとでんぷんの違いを一言で言いますと、

大きさが違う!

なのですよ(笑)。

でんぷんのほうが大きくて、デキストリンのほうが小さいんですね。

デキストリンは小さいので、水に溶けやすいんです。

水に溶けやすいと、いろいろと使いやすいんですね。

調味料やスポーツドリンクなどなど。

先ほどもお話しましたが、でんぷんが分解されてデキストリンになります。

つまり、直接デキストリンをとると、分解する手間が省けるんですね。

なので、スポーツドリンクなどに使われるわけですね。

でんぷんに比べるとエネルギーに変換されるスピードが速いわけです。

デキストリンの効果って何デス?

これ!といった効果は特に見当たらないのですよ~。

難消化性デキストリンが人気すぎて、デキストリンは不人気なんですよねぇ。

ちなみに、難消化性デキストリンは、不溶性食物繊維でして、「おなかの調子を整える」、「糖の吸収をゆるやかにする」効果があるのデスよ。

一般的なデキストリンの効果としては、先ほどもお話しましたが、「でんぷんを分解する」っていう過程をすっとばせますので、

  • 吸収が早い
  • エネルギーになりやすい

というところでしょうか~。

ちなみに、副作用は特に見当たらないのデスよ。

もともと、でんぷんを食べると体の中でできるモノですし、それを考えると当たり前といえば当たり前なのですが・・・。

でも、糖質であることには変わりありませんので、とりすぎると太っちゃう可能性はありますねぇ。

炭水化物と同じように、とりすぎには注意しましょうネ。

コメントは受け付けていません。