コバラミン(ビタミンB12)のダイエット効果って何デス?

コバラミン

コバラミンのダイエット効果は、

ダイエット効果はありませんが健康効果に期待!

デス!

コバラミンって何デス?

コバラミンは、ビタミンB12と呼ばれるビタミンなのです。

コバラミンには、

  • アデノシルコバラミン
  • メチルコバラミン
  • スルフィトコバラミン
  • ヒドロキシコバラミン
  • シアノコバラミン

と5つもありマシて、ビタミンB12は、コバルトっていうモノを含むビタミンの総称なんだそうです。

コバルトブルーって聞いたことありマスよね。

そのコバルトなのです。

じゃあ、コバラミンも青色なの?と思ったのデスが、暗赤色なんだそうデスよ。

そのため、「赤いビタミン」って呼ばれるらしいのです。

で、この子は体の中で コバミド補酵素という補酵素になるんデスよ。

おもな働きは、たんぱく質を作ったり血液を作ったりするです。

血液を作るビタミンなので、ビタミンB9とともに造血のビタミン、なんて呼ばれたりもするんだそうデスよ。

なんだかかっこいい名前デスね。

ちなみに、この子は肝臓に数年分貯蔵されているんだそうデスよ。

なので、あまり不足することがないのデスね。

とはいえ、この子、野菜にはほとんど含まれていないんです。

そのため、菜食主義者の方は不足しがちなので、食べ物からとる必要があるのです。

コバラミンがよく含まれている食品としては、

  • お肉
     レバー
     生肉
  • お魚
     かつお
     さんま
     のり
     すじこ
     あかがい
     かき
     はまぐり
     ほたるいか
     しじみ
     めざし
     いくら
  • 乳製品
     チーズ
  • お豆
     納豆
  • 野菜
     もやし

本当に野菜少ないデスね。

菜食主義者の方は、チーズや納豆、のりなどを積極的にとると良いのです。

ちなみにコバラミンは、光に弱いのデスが熱には強いのデスよ。

なので、暗い所に保管することだけ気をつけておけば、お料理で壊れることはあまりないのデスね。

 

コバラミンに期待できる効果って何デス?

コバラミンに期待できる効果は、

  • 貧血を予防
  • 神経機能を正常に
  • 生活習慣病を予防
  • 不眠予防

です。

コバラミンの効果は、ビタミンB9と似ているところがあるのデスよ。

どちらが欠けても健康には良くないらしいです。

そして、ビタミンB9と一緒になって、たんぱく質や血液を作ってくれるようなのです。

特に神経系のたんぱく質をキレイにしてくれるようデスね。

汚れがつまっていたら掃除して、切れちゃってたら修復してあげる、なんていうことをしてくれるのです。

また、血液をキレイにたもつことで、

  • 貧血の予防
  • 脳卒中や動脈硬化、はたまたがんといった生活習慣病を予防

などの効果があるようです。

 

不眠にも効果がありマシて、

生活が乱れている人にコバラミンをあげると、生活リズムが治った、なんてことがあるそうです。

そのため、時差ボケを治すのにも役に立つそうデスよ。

そんなわけでして、健康にとても大事なビタミンなのです。

健康美人を目指すためにも、きちんととっておきたいデスね。

コバラミンの注意点って何デス?

コバラミンは水溶性のビタミンデスので、摂りすぎた分は尿や汗で流れてしまいマス

なので、副作用はほとんどないようデスね。

逆に、コバラミンが不足すると、

  • 貧血
  • 手足のしびれや痛み
  • 感覚異常
  • もの忘れ
  • うつ病
  • 疲れやすく
  • どうきや息切れ
  • 舌炎
  • 下痢
  • めまい
  • 食欲がなくなる
  • 生活習慣病

などが起こっちゃうようなのです。

通常はあまり不足することはないようなのデスが、

  • ベジタリアン
  • 高齢者の方
  • 胃をとっちゃった方
  • 小腸が弱い方

は、コバラミンをうまく吸収できないことが多いようデスので、サプリメントなどをうまく利用して、きちんととっていきたいデスね。

 

コメントは受け付けていません。