炭水化物のダイエット効果って何デス?

炭水化物

炭水化物のダイエット効果は、

  • 疲労回復効果で運動効率アップ!
  • 肥満防止と満腹感アップ!

デス!

炭水化物って何デス?

炭水化物は、たんぱく質、脂質とならぶ、三大栄養素のひとつなのです。

また、糖質食物繊維をあわせて炭水化物と呼ぶのデスよ。

なので、

炭水化物 = 糖質 + 食物繊維

なのです。

作られるエネルギーは、1gあたり4kカロリーと、脂質のだいたい半分くらいなのです。

炭水化物のおもな働きは、エネルギーを作ったり、体の中をキレイにするです。

厚生労働省によると、

  • 1日の消費カロリーの60%を炭水化物でとる
  • 食物繊維は1日に17g以上(女性の場合)とる

のが良いそうデスよ。

私の消費カロリーがだいたい1,800kカロリーデスので、

糖質のエネルギー量 = 1,800kカロリー x 60% = 1,080kカロリー

糖質の量 = 1,080kカロリー / 4 = 270g

一日に270g分の炭水化物と、17gの食物繊維をとれば良いわけデスね。

 

炭水化物が多く含まれている食品は、
(『文部科学省 日本食品標準成分表2010』より抜粋。100gあたりの含有量)

お菓子

  • チャイナマーブル(99.5g)
  • 錠菓(99g)
  • ドロップ(98g)
  • 糖衣ガム(97.6g)
  • あめ玉(97.5g)
  • 板ガム(96.9g)
  • 風船ガム(96.7g)
  • らくがん(94.3g)
  • 八つ橋(94.1g)
  • バタースコッチ(91.1g)
  • 巻きせんべい(90.4g)
  • 衛生ボーロ(90.4g)
  • 麦らくがん(90.4g)
  • ゼリービーンズ(90.3g)
  • おこし(90.1g)
  • 松風(89.8g)
  • いそべせんべい(89.5g)
  • もろこしらくがん(89.3g)
  • 甘辛せんべい(86.3g)
  • そばボーロ(86g)
  • しおがま(85.4g)
  • 関東風ひなあられ(85.3g)
  • あられ(84.2g)
  • かわらせんべい(84g)
  • ゼリーキャンデー(84g)
  • 関西風(83.2g)
  • 塩せんべい(83.1g)
  • マシュマロ(79.3g)
  • キャラメル(77.9g)
  • ハードビスケット(77.8g)
  • マロングラッセ(77.4g)
  • 三島豆(77g)
  • 黒かりんとう(76.2g)
  • 白かりんとう(76.1g)
  • ウエハース(75.3g)
  • ソーダクラッカー(74.4g)
  • 南部せんべい(73.8g)
  • きび団子(73.5g)
  • サブレ(73g)
  • ごかぼう(72.4g)
  • 南部せんべい(72.4g)
  • きんぎょく糖(72g)
  • ゆべし(71.4g)
  • 芋かりんとう(71.3g)
  • 揚げせんべい(71.2g)
  • えんどう(70.1g)
  • 練りようかん(70g)

きのこ

  • あらげきくらげ(79.4g)
  • しろきくらげ(74.5g)
  • きくらげ(71.1g)

果物

  • パインアップル砂糖漬(86.8g)
  • ぶんたんざぼん漬(85.5g)
  • 干しぶどう(80.7g)
  • 乾バナナ(78.5g)
  • 乾いちじく(76.1g)
  • 乾りゅうがん(72.9g)
  • 乾なつめ(71.4g)
  • 干しがき(71.3g)
  • 乾なつめやし(71.3g)
  • 乾あんず(70.4g)

穀類

  • 乾パン(78.8g)
  • 押麦(77.8g)
  • 麦こがし(77.1g)
  • 米粒麦(76.2g)
  • プレミックス粉(76.1g)
  • 薄力粉(75.9g)
  • 輸入(75.2g)
  • 中力粉(74.8g)
  • 薄力粉(74.6g)
  • プレミックス粉(74.4g)
  • 中力粉(73.7g)
  • 精白粒あわ(73.1g)
  • 精白粒きび(73.1g)
  • 干し中華めん(73g)
  • そうめん・ひやむぎ(72.7g)
  • 国産こむぎ(72.2g)
  • マカロニ・スパゲッティ(72.2g)
  • 七分つき押麦(72.1g)
  • 干しうどん(71.9g)
  • 1等強力粉(71.6g)
  • 2等強力粉(70.5g)

その他

  • 角寒天(74.1g)
  • オニオンパウダー(79.8g)
  • 粉シナモン(79.6g)
  • 粉オールスパイス(75.2g)
  • ガーリックパウダー(73.8g)
  • 粉しょうが(72.5g)
  • 白、粉こしょう(70.1g)
  • チーズホエーパウダー(77g)
  • ミルクココア(80.4g)

予想はしていましたが、お菓子が半端ないデスね。

糖質はとれるのデスが、お砂糖はとりすぎるとダメなのです。

お砂糖はカロリーの10%以下が望ましいらしいデスので、お菓子ばっかり食べちゃダメなのデスよ。

お菓子はカロリー高いモノも多いデスしね・・・。

ちなみに、見たことないお菓子が多いのは私だけでしょうか・・・。

らくがんとか松風ってなんなんでしょうね。

炭水化物をとるためには

麺類に特に多く含まれていマスので、麺類をがっつり食べたいデスね。

とはいえ、豚骨ラーメンなどは油が半端ないデスので、できればあっさりしょうゆ味で食べたいところです。

ちなみに、徳島・香川は、糖尿病の死亡率No.1と2なのデスよ。

おうどんで有名デスので、知らず知らずのうちに糖質がたまってしまって、糖尿病になっちゃっているのかもしれませんネ。

とらないとダメな炭水化物ですが、とりすぎには注意なのです。

炭水化物に期待できる効果って何デス?

炭水化物に期待できる効果は、

  • エネルギーを作る(糖質)
  • 疲労回復効果(糖質)
  • 腸をキレイに(食物繊維)
  • 病気の予防(食物繊維)
  • 肥満の予防(食物繊維)

です。

効果の詳細は、糖質食物繊維にそれぞれ書いてマスので、そちらを参考にしてほしいのです。

炭水化物の注意点って何デス?

糖質はとりすぎると、生活習慣病にかかりやすくなるのと、

とりすぎると太っちゃう!

に要注意なのデスよ。

食物繊維はとりすぎても、特に害はないようデスので、ガンガンとりましょう。

炭水化物は大事なエネルギー源デスので、ダイエット中だからといって、無理に食べないようにするのではなく、適切な量をとりいれたいデスね。

キレイにやせるためには、必要な栄養なんです。

コメントは受け付けていません。