アルギニンのダイエット効果って何デス?

燃焼

アルギニンのダイエット効果は、

  • 脂肪燃焼効果!?

デス!

アルギニンって何デス?

アルギニンは、アミノ酸の一種です。

アミノ酸の中でも非必須アミノ酸の一つなのです。

成人では、非必須アミノ酸なのデスが、子供は体の中で作るのが難しいデスので、子供のうちは必須アミノ酸に指定されているんデスよ。

ちなみに、必須アミノ酸と非必須アミノ酸の違いは、体の中で作ることができるかどうか?なのデスよ。

アルギニンといえば、成長ホルモンの分泌が有名デスよね。

成長ホルモンの効果というと、

  • 疲労解消
  • やる気が出る
  • 集中力が出る
  • 筋肉がつく
  • 脂肪燃焼
  • コラーゲンで美肌効果
  • 骨を強く
  • 免疫機能アップ
  • 体の成長

などなど、とてもうれしい効果が満載なのです。

でも、アルギニンに成長ホルモン分泌促進効果があるかは、イマイチ微妙なようなんデスね。

科学的には、効果がある、ないとで分かれているようでして、効果があっても、身長が伸びるほど大きな効果はない、という説が一般的なようなのです。

残念デスね・・・。

でもでも、アルギニンは、オルニチンに変化したり、一酸化窒素を作ったりするのです。

それぞれの効果は、

オルニチン

  • 解毒作用
  • 成長ホルモンの分泌促進
  • 筋肉を作る
  • 脂肪を燃やす
  • 運動の疲労を軽くしてくれる

一酸化窒素

  • 成長ホルモンの材料
  • 免疫機能アップ
  • 脂肪燃焼
  • 血管を柔らかくして広げる

です。

でも、オルニチンも、解毒作用以外の効果は科学的根拠がイマイチらしいのです。

また、一酸化窒素についても、血管の効果以外は科学的根拠にとぼしいようなのです。。。

素敵な効果マンサイデスので、なんとか証明してほしいデスね。

ここまでをまとめると

  • アルギニンは非必須アミノ酸のひとつ
  • オルニチンや一酸化窒素に変化する

アルギニンのおもなはたらきは、免疫機能アップ、なのです。

アルギニンが多く含まれている食べ物は?

アルギニンが多く含まれている食品は、
(『文部科学省 日本食品標準成分表2010』より抜粋。100gあたりの含有量)

お魚

  • かつお節(4300mg)
  • 削り節(4300mg)
  • しらす干し半乾燥品(2400mg)
  • いせえび生(2100mg)
  • くるまえび養殖、生(2000mg)
  • しろさけすじこ(1800mg)
  • しばえび生(1700mg)
  • さざえ生(1600mg)
  • 毛がに生(1600mg)
  • しゃこゆで(1500mg)
  • しらす干し微乾燥品(1400mg)
  • はも生(1400mg)
  • くろまぐろ赤身、生(1400mg)
  • つぶ生(1400mg)
  • くろかじき生(1300mg)
  • かつお春獲り、生(1300mg)
  • かつお秋獲り、生(1300mg)
  • まがれい生(1300mg)
  • しろさけ生(1300mg)
  • さわら生(1300mg)
  • とびうお生(1300mg)
  • ひらめ養殖、生(1300mg)
  • きはだ生(1300mg)

お肉

  • ぶたゼラチン(7900mg)
  • ぶたロース赤肉、生(1500mg)
  • しちめんちょう肉、皮なし、生(1500mg)
  • にわとりむね皮なし、生(1500mg)
  • ほろほろちょう肉、皮なし、生(1500mg)
  • くじら肉、赤肉、生(1400mg)
  • ぶたロース皮下脂肪なし、生(1400mg)
  • やぎ肉、赤肉、生(1400mg)
  • にわとり生(1400mg)
  • あひる肉、皮なし、生(1400mg)
  • うさぎ肉、赤肉、生(1300mg)
  • うし生(1300mg)
  • うま肉、赤肉、生(1300mg)
  • ぶたロース脂身つき、生(1300mg)
  • ぶたロース皮下脂肪なし、生(1300mg)
  • にわとりむね皮つき、生(1300mg)
  • にわとりもも皮なし、生(1300mg)
  • にわとり筋胃生(1300mg)
  • めんようロース皮下脂肪なし、生(1300mg)
  • めんようロース皮下脂肪なし、生(1300mg)

その他

  • 小麦はいが(2700mg)
  • 小麦たんぱく粉末状(2700mg)
  • ほしのり(2100mg)
  • カゼイン(3300mg)

アミノ酸おなじみの食材なのデスよ。

やっぱりお刺身は強いデスね~。アミノ酸不足を感じたら、お魚屋さんにGO!なのです。

アルギニンの推奨量と上限量デスが、アミノ酸については特に参考にできる文献がないのデスよ。なので、独自に調査した値を載せてます。

推奨量と上限量は、

  • 推奨量:体重1kgあたり80mg
  • 上限量:5g

私の体重がxxxkgなので、推奨量は、

  • 推奨量:xxxkg x 80mg = 4,240mg

です。て、え?

上限量が5gなのに、推奨量が4g超えてるって・・・。

コレ、体重次第では、上限量超えちゃいマスよね?

アルギニンをとる際の注意点

アルギニンは非必須アミノ酸デスので、ちょっとデータが少ないんデスよね。

そのため、摂取量と上限量についても、コレだ!というデータが見つからなかったのデスよ。

短期間での摂取については、副作用はないようなのデスが、長期間とった場合のデータってないようなんデスね・・・。

食事でとる分には、とりすぎによる副作用のデータはないようデスから、安心なようです。

サプリなどを使用してとるときは、体重1kgあたり80mgではなく、もう少し量を減らして始めたほうが良いかもしれませんね。

一覧にのっていなくて、アルギニンが多く含まれる食品は、

  • 大豆
  • お豆腐
  • ごま
  • ナッツ類
  • 牛乳

などがあるようです。

アルギニンに期待できる効果って何デス?

アルギニンに期待できる効果は、

  • 免疫機能アップ!

です。

免疫機能アップ!

アルギニンは免疫機能をアップさせます。

免疫機能って、なんだかピンこないデスよね。ちょっと難しい言葉なのです。

簡単に言うと、病気を防ぐ力、デスね。

免疫力が落ちちゃうと、風邪にかかりやすくなったり、身近なところデスと、インフルエンザにかかりやすくなったりするんです。

どんなに頑張っても、風邪やインフルエンザのウイルスって体の中に入ってきちゃうんデスよ。

風邪をひかないためには、みんなマスクとかしてると思いマスが、そうやって防いでいても、やっぱり少しは入ってきちゃうんデスね。

そうやって体の中に入ってきた悪い子をやっつける力が、免疫力なのです。

白血球は聞いたことあると思います。病気のもとになる子をやっつける子デスね。

アルギニンは、白血球に、「ちょっと変なの入ってきたからやっつけてくれない?」なんて呼びかける役割を持っているのデスよ。

これによって、「おう、ちょっと行ってくるか」なんて白血球が動いてくれて、体の中の悪い子をやっつけるのです。

そうすることで、風邪をひいたりすることなく、健康な体でいられるんデスね。

アルギニンの注意点って何デス?

アルギニンは、普段の食事でとりすぎることはほとんどないのです。

なので、普通に生活している分には副作用を気にする必要はないのです。

ただ、サプリメントなどで大量にとった場合は、副作用が起こる可能性があります。

副作用としては、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 痛風
  • お腹にガスがたまっちゃう

などがあるようなのです。

また、妊婦さんの場合も、食品からとる分には基本的に安全なようです。

ただ、サプリやお薬についてはまだよくわかっていないようデスので、少なくともサプリなどを使用するのは控えたほうが良いと思います。

逆に、アルギニンが不足した場合なのデスが、

  • 成長が遅れる
  • 生活習慣病にかかりやすくなる

などがあるようです。

まだまだ研究中のアミノ酸のようデスので、今後の展開に期待!デスね。

特に脂肪燃焼や成長ホルモンについては、ぜひぜひ効果を実証してほしいのです。

コメントは受け付けていません。