β-カロテンのダイエット効果って何デス?

β-カロテン

β-カロテンのダイエット効果は、

  • ダイエット効果はないデスが、美肌・アンチエイジング効果!

デス!

β-カロテンって何デス?

β-カロテンは、約50種類あるカロテンのひとつで、お野菜に含まれているカロテンは、ほとんどβ-カロテンなのです。

また、カロテンはプロビタミンAとも呼ばれていまして、体の中でビタミンAが不足すると、カロテンがビタミンAになってくれるんです。

プロのビタミンAなのデスよ。

なので、β-カロテンの働きは、ビタミンAの働きに似ているんデスね。

β-カロテンのおもな働きは健康でキレイな体づくりなのデ、やっぱりビタミンAと似ていマスね。

そして、この子の性質は、

  • 脂溶性ビタミンなので油にとけやすい
  • 熱に強い

です。

ビタミンAが、かなり打たれ弱い子だったのに対して、β-カロテンは打たれ強い子なのです。

なので、ビタミンAが不足しないように、できる限りβ-カロテンをとっていきたいデスね。

ちなみに、レチノール当量という指標があるのデスが、ビタミンAがどのくらいとれているか、レチノールっていうモノの量で計るものなのです。

これを見ると、

レチノール当量 = レチノール + 1/12 x β-カロテン + 1/24 x α-カロテン + 1/24 x クリプトキサンチン

β-カロテンは、ビタミンAを直接とるのに比べると、1/12しかとれないんデスね。

とはいえ、お野菜などは大量に食べマスから、直接ビタミンAをとるよりはβ-カロテンをとったほうが良さそうです。

β-カロテンがよく含まれている食品としては、

  • お野菜
     しそ
     にんじん
     とうがらし
     パセリ
     モロヘイヤ
     バジル
     よもぎ
     ホウレンソウ
  • 果物
     みかん
     すいか
  • その他
     のり
     緑茶

いわゆる、緑黄色野菜が多いんデスね~。

熱に強い子デスので、ホウレンソウのバター炒めなんかすると、ビタミンAとβ-カロテンが両方とれてお得デスね。

β-カロテンに期待できる効果って何デス?

β-カロテンに期待できる効果は、

  • 目が良くなる
  • アンチエイジング
  • 美肌効果
  • 黄斑変性症やがんの予防

です。

上の3つはビタミンAと同じデスので、ここでは飛ばしちゃいマスね。

詳細を知りたい方は、以下の記事を参考にしてくださいです。

 レチノール(ビタミンA)のダイエット効果って何デス?

黄斑変性症とがんの予防

黄斑変性症って聞いたことない病気デスよね。

でもこの病気、なんとアメリカでは失明率No.1の病気なんだそうデス!

おっかないデスね・・・。

これを防いでくれるのが、β-カロテンの抗酸化作用なのです。

抗酸化作用っていうのは、簡単に言うとサビ止めデスね。

体がサビるのを防いでくれるのデスよ。

目がサビるのを防ぐことで、失明したりゆがんだりしないようにしてくれるのデスね。

また、このサビ止め効果は全身にもかかわっていまして。

サビちゃった子たちが、元気な細胞を攻撃することで、がんの原因になるらしいのです。

そこで、β-カロテンがサビた子たちをやっつけることによって、がんが発生しにくくなるというわけなのです。

β-カロテンは、ビタミンAになるだけでなく、こんなにいろいろ頑張ってくれてるのデスね。

β-カロテンをとるためにも、お野菜はしっかり食べるようにしましょうネ。

 

β-カロテンの注意点って何デス?

β-カロテンは必要な量しかビタミンAを作らないため、副作用はないのです。

大量にとりすぎると、皮膚が黄色くなることがあるそうなのデスが、とるのをやめるとすぐに治るようデスので、気にしなくても良いっぽいデスね。

ちなみに、みかんを食べると手が黄色くなるのとは違うんデスよ。

逆に、β-カロテンが不足すると、というよりもビタミンAが不足した場合、デスね。

  • とり目
  • 目の乾燥
  • 成長が悪くなる
  • 皮膚がカサカサに
  • 風邪などにかかりやすくなる

ビタミンAは、とりすぎによる副作用が怖いデスし、カロリー高めなモノが多いデスから、なるべくβ-カロテンをとっておきたいところです。

ダイエット中でも、お野菜はきちんととって、美容に良いキレイやせを目指したいデスね。

 

コメントは受け付けていません。